• ホーム
  • 画像の色と明るさを部分的に調整する(カラーコントロールポイント)

文字サイズ

画像の色と明るさを部分的に調整する(カラーコントロールポイント)

ツールバーの[カラーコントロールポイント]を使用すると、画像の明るさや色合いなどを部分的に調整できます。調整される範囲は、コントロールポイントを配置した場所の色によって自動的に識別されます。

カラーコントロールポイントについて

カラーコントロールポイントは、配置された部分の色の特性を自動的に識別し、その色と似た色の部分を自動的に選びます。カラーコントロールポイントには、調整する範囲を示すサイズスライダーと調整スライダーが表示されます。これらのスライダーを動かして、カラーコントロールポイントの適用範囲や適用の値を変更します。

  • 調整スライダーでは[B](明るさ:Brightness)、[C](コントラスト:Contrast)、[S](彩度:Saturation)の値を調整できます(初期設定)。
  • 調整スライダーの項目はレタッチパネルの[カラーコントロールポイント]で変更できます。

コントロール方法

整スライダーの下(または上)に表示される三角形をクリックすると、現在のコントロール方法([BCS]、[RGB]または[HSB])と[ALL]を切り換えられます。

カラーコントロールポイントの基本的な使用方法

  1. ツールバーの[カラーコントロールポイント]をクリックします。カラーコントロールポイントモードに切り替わり、プレビュー画面をクリックするたびにカラーコントロールポイントを追加できるようになります。

    もう一度クリックするとカラーコントロールポイントモードが解除されます。

  2. 色を変更したい箇所をクリックして、カラーコントロールポイントを配置します。カラーコントロールポイントの位置はドラッグして移動できます。

  3. サイズスライダーを左右に動かして調整する範囲を変更します。カラーコントロールポイントを中心とした円形の内部(点線の円内)に処理が適用されます。境界線部分はグラデーション状に処理が適用され、外側に行くに従って適用量は少なくなります。スライダーが長くなるほど適用範囲が広がります。

  4. 調整スライダーを左右に動かして、処理の適用量を変更します。この例では、[B](明るさ)のスライダーを動かして空の明るさを変更しています。カラーコントロールポイントが置かれた部分を中心に、空の青い部分のみに処理が適用され、建物の色味には影響していません。

    カラーコントロールポイントの調整範囲や各調整値はレタッチパネルの[カラーコントロールポイント]で微調整できます。

  5. カラーコントロールポイントはいくつでも配置できます。必要に応じてステップ2~4を繰り返してカラーコントロールポイントを追加します。

配置するカラーコントロールポイントの数について

カラーコントロールポイントの配置は100程度までにすることをおすすめします。

カラーコントロールポイントモード中のプレビュー拡大表示について

カラーコントロールポイントモード中は、プレビュー画面上をダブルクリックしても拡大表示できません。拡大表示する場合は、ナビゲーターか[表示]メニューで拡大率を設定してください。

レタッチパネルのカラーコントロールポイントについて

レタッチパネルの[カラーコントロールポイント]では、画像に置いたカラーコントロールポイントの微調整ができます。

カラーコントロールポイントの選択解除

選択中のカラーコントロールポイントをCtrlキー(Macはcommandキー)を押しながらクリックすると、選択を解除できます。また、[編集]メニュー(Macは[Capture NX-D]メニュー)の[選択解除]を選ぶと全ての選択を解除できます。

カラーコントロールポイントの複製について

カラーコントロールポイントを複製すると、同じサイズと適用量のコントロールポイントを複数使用できます。複製したいカラーコントロールポイントをプレビュー画面またはレタッチパネルでクリックし、[編集]メニュー(Macは[Capture NX-D]メニュー)の[コピー]と[貼り付け]で複製できます。