• ホーム
  • Capture NX-Dの画像調整について

文字サイズ

Capture NX-Dの画像調整について

画像調整の概要

Capture NX-Dで画像を調整すると、その内容は調整ファイル(サイドカーファイル)として元画像とは別に保存されます。調整ファイルは画像調整が行われるたびに更新されます。画像ファイル自体には変更を加えないため画像の劣化がなく、いつでも元の状態に戻すことが可能です。

調整ファイルについて

画像を調整すると、元画像と同じ階層に「NKSC_PARAM」というフォルダーが作成され、そこに調整ファイルが保存されます。フォルダーや調整ファイルを削除すると、調整内容は失われます。

  • 画像ファイルと調整ファイルは、ファイル名でひも付けされています。OS上でどちらか一方のファイル名を変更すると、調整内容が失われたり、他の画像に調整が反映されたりすることがあります。ファイルやフォルダ名の変更、移動、コピー、削除を行う場合は、Caputure NX-DまたはViewNX-iのフォルダ・ファイル操作機能を使用してください。
  • Caputure NX-Dで調整した画像は、ViewNX-iでも調整内容が反映された状態で表示されます。

画像のファイル変換

調整した画像をJPEGまたはTIFF形式にファイル変換すると、元画像に調整ファイルの内容が反映された別の画像ファイルを新たに生成します。ファイル変換することで、調整内容が反映された画像をCapture NX-DやViewNX-i以外の画像閲覧ソフトでも閲覧できます。