文字サイズ

Capture NX-Dでできること

Capture NX-Dでは、画像の明るさや色味などの調整を行えます。また、ニコンのデジタルカメラで撮影したRAW画像の調整や、ファイル変換を行うことができます。

画像を調整する

ホワイトバランスや明るさの設定などを簡単に行えます(エディットについて)。露出補正やピクチャーコントロールなど、一部の調整項目はRAW画像に対してのみ適用できます。

調整した内容を他の画像に適用する

画像に加えた調整の内容をCapture NX-Dに登録して、同じ調整を他の画像に適用できます。調整の内容は設定ファイルとして保存でき、他のパソコンのCapture NX-Dと調整内容を共有できます。画像の調整は複数の画像に一括して適用(バッチ処理)することもできます。

調整した画像をファイル変換する

NEFまたはNRW形式のRAW画像を現像または調整した後に、JPEGまたはTIFF形式にファイル変換できます。JPEGまたはTIFF形式に変換すれば、他のアプリケーションでも使用が可能です。

Capture NX-Dの画像調整について

画像調整の概要

Capture NX-Dで画像を調整すると、画像に加えた調整内容のみが調整ファイル(サイドカーファイル)として自動的に保存されます。調整ファイルは画像調整が行われるたびに更新されます。

調整ファイルについて

画像を調整すると、元画像と同じ階層に「NKSC_PARAM」というフォルダーが作成され、そこに調整ファイルが保存されます。フォルダーや調整ファイルを削除すると、調整内容は失われます。

  • 画像ファイルと調整ファイルは、ファイル名でひも付けされています。OS上でどちらか一方のファイル名を変更すると、調整内容が失われたり、他の画像に調整が適用されたりすることがあります。
  • ViewNX-iで調整した画像を読み込むと、調整ファイルも一緒に読み込まれ、調整内容が保持された状態で画像が表示されます。

画像ファイル自体には変更を加えません。このため画像の劣化がなく、いつでも元の状態に戻すことが可能です。

画像のファイル変換

調整した画像をJPEGまたはTIFF形式にファイル変換すると、画像と調整ファイルを統合してひとつの画像ファイルに保存されます。