Nikon

ファイル変換して書き出す

ツールバーの[書き出す]をクリックすると、選んだ画像のファイル形式をJPEGまたはTIFF形式に変換して別ファイルとして書き出せます。NEF/NRW形式のRAW画像を変換すれば、他のソフトウェアでも使用が可能です。フォルダー内の画像をまとめて処理することもできます。

RAWファイルの書き出しについて

RAW画像を他の形式に変換する場合に[書き出す]を使用します。RAW画像をそのままのファイル形式で保存したい場合、[ファイル]メニューの[保存]または[別名で保存]で行ってください。画像の保存方法については[環境設定]の[保存]もご覧ください(0保存)。

画質や画像サイズなどの設定を行い、[書き出す]をクリックすると変換された画像が指定したフォルダーに保存されます。

元画像

書き出す画像やフォルダーを選べます。

  • 選択中の画像]:選んでいる画像を書き出します。
  • 指定されたフォルダー]:選んだフォルダーにある画像すべてを書き出します。[参照]をクリックしてフォルダーを選べます。

    • サブフォルダーを含める]:チェックを入れると、サブフォルダーにある画像も書き出します。
    • 処理後、元画像を読み込みフォルダーから削除する]:チェックを入れると、書き出し後に元画像がフォルダーから削除されます。
書き出し形式

変換して保存するファイルの形式を[JPEG]、[TIFF(8ビット)]または[TIFF(16ビット)]から選べます。

  • 画質]:変換形式でJPEGを選んだときに設定できます。画像の圧縮率をスライダーまたは数値を入力して設定します。
  • LZW圧縮を使用する]:変換形式でTIFFを選んだときに設定できます。チェックを入れると、LZWアルゴリズムに基づいて、画像データ損失のない圧縮を行います。

LZW圧縮で保存するときのご注意

TIFF(16ビット)形式ファイルをLZW圧縮で保存した場合、元のサイズより大きくなる場合があります。

画像サイズを変更する
チェックを入れると、画像サイズを拡大縮小できます。[長辺]のテキストボックスにサイズを入力すると、縦横比を保ったまま[短辺]の数値が変更されます。
撮影情報を削除する
チェックを入れると、画像に保存している撮影情報を削除します。
XMP/IPTC情報を削除する
チェックを入れると、画像に設定しているXMP/IPTC情報を削除します。
カラープロファイルの追加/削除

チェックを入れると、カラープロファイルの[追加]または[削除]を選べます。[追加]を選んだ場合、追加するカラープロファイルは[環境設定]の[カラーマネージメント]の設定によって異なります(0カラーマネージメント)。[カラーマネージメント]で設定できるカラープロファイルは次の通りです。

  • 画像を開くときに、埋め込みプロファイルの代わりに使用する]にチェックを入れている場合、[標準RGB色空間](Windows)または、[RGBデフォルト](macOS)で設定したカラープロファイルを追加します。
  • 画像変換を行う場合、sRGBにプロファイル変換する]にチェックを入れている場合、カラープロファイルをsRGBで追加します。
  • 両方にチェックを入れている場合、カラープロファイルをsRGBで追加します。
  • 両方にチェックを入れていない場合、元画像のカラープロファイルを使用します。
保存先

変換した画像を保存するフォルダーを選べます。

  • 元ファイルと同じフォルダー]:変換した画像を元画像と同じフォルダーに保存します。
  • 指定されたフォルダー]:変換した画像を選んだフォルダーに保存します。[参照]をクリックして保存先を選びます。

    • 書き出しのたびに新規サブフォルダーを作成する]:チェックを入れると、選んだフォルダーに自動でサブフォルダーを作成して画像を保存します。[名前の設定]をクリックすると、プレフィックスやサフィックス、開始番号などの設定が行えます。
ファイル名を変更する
変換した画像のファイル名を設定できます。[名前の設定]をクリックすると、プレフィックスやサフィックス、開始番号などの設定が行えます。