Nikon

位置情報を使用してできること

位置情報機能を持ったカメラの場合、撮影時の緯度、経度、標高、UTC(協定世界時)を画像に記録できます。また、位置情報ユニットやSnapBridgeアプリを使用しても画像に位置情報を記録できます。

ビューアーの画像表示方法を地図表示()にすると、インターネットの地図サービスを使用して、地図上に撮影地点を表示できます。

地図上に撮影地点を表示する

撮影時に画像に記録された位置情報をもとに、撮影地点を地図上に表示します(0地図上に撮影地点を表示する)。

位置情報を修正する

画像に記録された位置情報を手動で修正できます(0位置情報を編集する)。

位置情報を追加する

撮影時に位置情報を記録されていない画像に、位置情報を手動で追加できます(0位置情報を追加する)。

方位情報を追加する

方位情報を追加および編集できます(0方位情報を追加する)。

撮影ルートを表示する

位置情報を記録した画像を複数選んで、撮影地点間のルートを表示できます。

撮影ルートを直線で結ぶ

撮影地点の間を直線で結べます(0撮影ルートを直線で結ぶ)。

撮影ルートに沿って地図をスクロールする

撮影ルートに沿って画像を順番に表示して、地図と画像から撮影の足取りを振り返ることができます(0ルートに沿って地図をスクロールする)。

位置情報ログを読み込む

位置情報ログの取得に対応したカメラや携帯電話、市販の受信機などで保存した位置情報のログを読み込めます(0位置情報ログを読み込む)。

位置情報ログをもとに位置情報を追加する

読み込んだ位置情報ログファイルを使用して、位置情報ログが取得された日時をもとに画像に位置情報を追加できます(0位置情報ログをもとに位置情報を追加する)。

位置情報ログに高度・水深情報ログを結合する

位置情報ログに高度・水深情報ログを結合します(0位置情報ログに高度・水深情報ログを結合する)。

位置情報からキーワードを検索する

画像に記録された位置情報をもとにインターネットからキーワードを検索し、メタデータとして画像に埋め込めます(0位置情報からキーワードを検索する)。

地図表示機能使用時のご注意

  • 地図の表示にGoogleマップを使用しています。
  • メタデータを編集するときにWikipediaからキーワードを取得するサービスを使用しています。
  • 地図表示機能を使用するには、インターネットに接続できる環境が必要です。
  • 地図表示機能をご利用の際に生じたお客様ご自身または第三者の損害その他の問題について、株式会社ニコンでは一切の責任を負いません。
  • 地図表示機能で使用しているオンライン地図サービスとキーワードを取得するサービスは、第三者提供によるため、予告なく変更・終了となる場合があります。
  • 地図表示機能のご利用にともない、経度緯度情報がサービス提供元のサーバーへ送信されます。
  • Googleマップをご利用の際には、必ず利用規約をお読みください。Googleマップの利用規約は地図上にリンクとして表示されています。
  • 株式会社ニコンでは、Googleマップのご利用についてはサポートしておりません。
  • 位置情報の追加・編集は、静止画像ファイル(NEF、NRW、JPEG、TIFF)にのみ行うことができます。
  • 位置情報の精度によっては、地図上に表示される位置は実際の撮影地点と異なる場合があります。
  • NX Studioは「日本測地系(Tokyo)」または「世界測地系(WGS-84)」を基準にした位置情報に対応しています。その他の測地系で撮影地点を記録した画像の場合、地図上に表示される位置に誤差を生じる場合があります。
  • NX Studioで位置情報を編集または追加した場合は、「世界測地系(WGS-84)」を基準にして位置情報が保存されます。
  • 基準にした測地系は、調整/情報パレットにある[情報]タブの[位置情報]で確認できます。
  • このソフトウェアは、「Geonames web services」の API を使用しています。