Nikon

カメラ補正

色モアレの低減や、イメージダストオフを使用したゴミの低減が行えます。

色モアレリダクション](RAW画像のみ)
チェックを入れると、色モアレ(規則的な重複パターンによる色干渉)が低減されます。プルダウンメニューから適用の度合いを選びます。
イメージダストオフ](RAW画像のみ)

カメラで取得したイメージダストオフ用のデータ(NDFファイル、拡張子:.ndf)を、カメラの撮像素子前面にあるゴミの位置を参照画像(イメージダストオフデータ)として登録できます。チェックを入れると、登録した参照画像と表示中の画像が比較され、表示中の画像にあるゴミを低減できます。

  • 参照画像が登録されていない場合、チェックを入れるとNDF選択画面が表示されます。
  • 現在のフォルダー内にイメージダストオフ参照画像(イメージダストオフデータ)がある場合、その参照画像をイメージダストオフ処理に使用するかを尋ねるメッセージが表示されます。[いいえ]を選んだ場合、または現在のフォルダー内にイメージダストオフ参照画像がない場合は表示されるダイアログでイメージダストオフ参照画像を選んでください。
  • NDFファイルを変更するには[変更]ボタンをクリックしてNDFファイルを選びます。
自動赤目補正
チェックを入れると、画像から人物の赤目現象を自動的に見つけ出して補正します。

イメージダストオフについて

  • カメラの撮像素子前面についたゴミの量と位置は変わる場合があります。処理を行う場合は、その画像が撮影された1日以内に作成した参照画像の使用をおすすめします。
  • イメージセンサークリーニング]機能があるカメラの場合、イメージセンサークリーニングを実行する前に取得したイメージダストオフデータは、クリーニング実行後に撮影した画像とゴミの位置が一致しなくなるため、[イメージダストオフ]を使用できません。イメージセンサークリーニング機能とイメージダストオフ機能を併用する場合は、カメラで[イメージセンサークリーニング後 開始]を選択後に撮影することをおすすめします。
  • サイズM]または[サイズS]に設定して撮影したRAW画像では使用できません。
  • イメージダストオフの詳しい説明は、カメラの使用説明書をご覧ください。