Nikon

シャープ調整

輪郭をはっきりとさせ、画像をシャープにする場合に使用します。[アンシャープマスク]を使用すると、画像の輪郭部分だけのコントラストが高まり、他の部分は変わりません。

輪郭強調
値を大きく設定すると被写体の輪郭がはっきりとします。

アンシャープマスク
チェックを入れるとアンシャープマスク機能を有効にします。
削除
リストボックス内の処理を選んで削除できます。
上に移動/下に移動
リストボックス内の処理の順番を入れ替えられます。
リストボックス
設定した内容が表示されます。1行中は左から「カラー、適用量、半径、しきい値」の順で、例えば「赤、50%、10%、0」のように表示されます。複数設定した場合は上から順に適用され、上に移動/下に移動ボタンで順序を入れ替えられます。
カラー
アンシャープマスクを適用する色を選択できます。
適用量
シャープネスの強度を設定します。数値を大きくするほどシャープが強くかかり、濃いエッジがかかります。
半径
エッジの太さを設定します。数値を大きくするほど太いエッジが、小さくするほど細いエッジがつきます。
しきい値
エッジを付けるか付けないかの適用基準を設定します。しきい値を0にすると、すべてのエッジに対してシャープがかかります。数値を大きくすると、濃淡の変化が小さい部分にはエッジがつかず、シャープがかからなくなります。