Nikon

ノイズリダクション

画像のノイズを低減する処理を行います。

ノイズリダクション
チェックを入れるとノイズリダクション機能を有効にします。[処理方法]と処理の度合いを設定できます。
処理方法

撮影したカメラによって設定できる項目が異なります。

  • カメラ互換](RAW画像のみ):設定は固定され、他の処理方法は選べません。処理の度合い()をプルダウンメニューから選べます。
  • 高速]/[高画質]/[高画質2013](RAW画像のみ):処理速度を優先する場合は[高速]を、画質を優先する場合は[高画質]または[高画質2013]を選びます。

    • 適用量]:数値を上げると、画像全体のざらつき感が低減され、なめらかな状態になります。
    • シャープネス]:[適用量]の数値を上げると、なめらかで解像感の低い画像になります。[シャープネス]の数値を上げると、解像感を高めることができます。

高画質2013]について

より低周波な色ノイズの低減や、画像平坦部のノイズ低減に優れています。[高画質2013]を選択した場合、[輝度]と[カラー]が表示され、それぞれに適用量とシャープネス量を設定できます。

処理の度合い
処理方法]が[カメラ互換]で固定される画像の場合に、ノイズ低減の度合いを選べます。
エッジノイズリダクション](RAW画像のみ)
チェックを入れると、境界部に生じるノイズを低減したり、エッジ部分の輪郭をより鮮明にすることができます。
アストロノイズリダクション](RAW画像のみ)

チェックを入れると、長時間露出で星を撮影した画像内に現れる、輝点(星を散らしたような)ノイズを低減します。

アストロノイズリダクション]について

D4S、D810、D810Aで撮影したサイズSのRAW画像には適用できません。