Nikon

ピクチャーコントロール

ピクチャーコントロールを調整します。RAW画像のみ調整可能です。

カラープロセス

カラープロセスを選びます。選んだ項目によって設定できるピクチャーコントロールが異なります。最新のピクチャーコントロールを使用しているカメラで撮影した画像やNRW形式のRAW画像の場合、[カメラ互換]に固定されて選べません。

  • 最新のピクチャーコントロール]:[Creative Picture Control]を含む最新のピクチャーコントロールのカラープロセスを適用します。新しいカメラで追加されたピクチャーコントロールや調整項目を、対応していないカメラで撮影されたRAW画像にも適用できます。
  • カメラ互換]:画像を撮影したニコンのカメラで使っているピクチャーコントロールのカラープロセスを、そのまま適用します。カメラでの色再現と合わせたい場合に選びます。

カラープロセスについて

カラープロセスを選べる画像を選択している場合、どちらを初期設定とするかを[環境設定]の[RAW現像]にある[カラープロセス]で設定できます(0RAW現像)。

ピクチャーコントロール
画像に適用したいピクチャーコントロールを選べます。
ピクチャーコントロールの微調整

各項目を微調整できます(0ピクチャーコントロールの微調整について)。[自動]がある項目の場合、チェックを入れると自動で調整されます。同じような状況で撮影しても、被写体の位置や大きさ、露出によって、仕上がり具合は変化します。

リセット
各項目の値を初期値に戻します。

ピクチャーコントロールの微調整について

カラープロセスを設定してから調整したいピクチャーコントロールを選び、各項目の値を変更して調整を行います。表示される項目は、撮影したカメラおよび選んだピクチャーコントロールによって異なります。

最新のピクチャーコントロールが適用されている画像の場合

最新のピクチャーコントロールを使用しているカメラで撮影した画像(カラープロセスが[カメラ互換]で固定されている画像)や、カラープロセスで[最新のピクチャーコントロール]を選んでいる画像の場合、次の項目が表示されます。

クイックシャープ

画像のシャープさを調整する[輪郭強調]、[ミドルレンジシャープ]、[明瞭度]の各項目がバランスよく調整されます。[自動]にチェックを入れると、自動で調整します。各項目を個別に調整することも可能です。

  • 輪郭強調]:画像の精緻な部分や、被写体の輪郭部分のシャープさを調整します。
  • ミドルレンジシャープ]:[輪郭強調]と[明瞭度]の中間の細かさの模様や線に対してシャープさを調整します。
  • 明瞭度]:画像の階調や明るさを維持しながら、画像全体や太めの線のシャープさを調整します。
コントラスト
画像のコントラストを調整します。–側にすると軟らかい調子の画像になり、+側にすると硬い調子の画像になります。カスタムカーブを適用したカスタムピクチャーコントロールを使用して撮影した画像の場合は調整できません。
明るさ
白とびや黒つぶれを抑えながら画像の明るさを調整します。カスタムカーブを適用したカスタムピクチャーコントロールを使用して撮影した画像の場合は調整できません。
色の濃さ(彩度)
画像の彩度(色の鮮やかさ)を調整します。–側にすると鮮やかさが抑えられ、+側にするとより鮮やかになります。
色合い(色相)
画像の色合いを調整できます。
フィルター効果
白黒写真用カラーフィルターを使って撮影したときのような効果が得られます。
調色
印画紙を調色したときのように、画像全体の色調を調整できます。
色の濃淡を調整
調色]で選んだ色の濃淡を選べます。[調色]の設定が[B&W]の場合は調整できません。

ピクチャーコントロールで[オート]を選んだ場合

ピクチャーコントロールで[オート]を選択している場合、各項目のオートの調整レベルを[A–2]~[A+2]から選べます。

ピクチャーコントロールで[Creative Picture Control]の項目を選んだ場合

Creative Picture Control]([ドリーム]、[モーニング]、[ポップ]など)に設定した場合、[適用度]の項目が表示されます。効果をどれだけ適用するかを調整します。

最新のピクチャーコントロールが適用されていない画像の場合

カラープロセスで[カメラ互換]を選んでいる場合、次の項目が表示されます。

クイック調整
各項目のレベルを自動的に調整します。-側にするとそれぞれのピクチャーコントロールの特徴を弱めた画像になり、+側にすると強調した画像になります。[クイック調整]以外の各項目を個別に調整した後にクイック調整を行うと、各項目で調整した値は無効になります。
輪郭強調
輪郭の強弱を調整します。値が大きいほどくっきりとした画像になります。
明瞭度
画像の明瞭度を調整します。[明瞭度]に対応したカメラで撮影した画像のみ調整できます。
コントラスト
画像のコントラストを調整します。–側にすると軟らかい調子の画像になり、+側にすると硬い調子の画像になります。
明るさ
白とびや黒つぶれを抑えながら画像の明るさを調整します。
色の濃さ(彩度)
画像の彩度(色の鮮やかさ)を調整します。–側にすると鮮やかさが抑えられ、+側にするとより鮮やかになります。
色合い(色相)
画像の色合いを調整できます。
フィルター効果
白黒写真用カラーフィルターを使って撮影したときのような効果が得られます。
調色
印画紙を調色したときのように、画像全体の色調を調整できます。
色の濃淡を調整
調色]で選んだ色の濃淡を選べます。[調色]の設定が[B&W]の場合は調整できません。