Nikon

ステップ1:FTPサーバーの設定を行う

画像の送信先のFTPサーバーは、カメラから画像をインポートするときの保存先となるアルバムごとに設定します。あらかじめFTPサーバーのプリセットを作成しておくと、ステップ2のアルバム作成時に送信先として選べるようになります。

  • 画像をFTPサーバーに送信しない場合、「ステップ1:FTPサーバーの設定を行う」の設定は不要です。ステップ2にお進みください(0ステップ2:アルバムを作成する)。

FTPサーバーのプリセットを作成する

画像の送信先となるFTPサーバーのプリセットを作成します。最大50件まで作成できます。

  1. アルバム一覧画面で(設定ボタン)をタップする

  2. FTPプリセット]をタップする

  3. をタップする

  4. 各項目を入力/選択して[接続確認して保存する]をタップする

    FTPプリセットが一覧に追加されます。

    • 接続に失敗した場合は、各項目の入力内容を確認してください。接続に失敗しても、[保存]をタップすると入力内容を保存できます。

IPTCプリセットの作成について

FTPプリセットと同様に、IPTCプリセットもアルバム作成時に選べます。アルバム単位でIPTCの自動付与を行う場合は、事前にプリセットを作成することをおすすめします。

SFTPを選んだ場合の制限について

サーバーの種類]を[SFTP]に設定すると、[パッシブモード]はオフに固定されます。

文字コードについて

使用している文字コードはUTF-8です。

FTPプリセットの作成が完了しました。FTPプリセットの編集やコピーなどを行う必要がなければ、ステップ2に進んでください(0ステップ2:アルバムを作成する)。

FTPプリセットを編集/コピー/削除する

FTPプリセットを編集する

FTPプリセット一覧画面でFTPプリセット名をタップすると、FTP接続設定画面が表示されます。

  • 任意の項目を入力して[保存]をタップすると、変更内容が保存されます。
  • をタップすると入力内容をキャンセルします。

FTPプリセットをコピーする

FTPプリセット名の右端にある(サブメニューボタン)から[コピー]を選び、確認ダイアログで[OK]をタップすると、同じ設定のFTPプリセットが一覧に追加されます。

  • コピー元のFTPプリセット名が25文字以下の場合は、プリセット名の末尾に「_Copy」と追加されます。

FTPプリセットを削除する

FTPプリセット名の右端にある(サブメニューボタン)から[削除]を選び、確認ダイアログで再度[削除]をタップすると、プリセットが削除されます。

FTPサーバーのプリセットを作成する

画像の送信先となるFTPサーバーのプリセットを作成します。最大50件まで作成できます。

  1. アルバム一覧画面で(設定ボタン)をタップする

  2. FTPプリセット]をタップする

  3. をタップする

  4. 各項目を入力/選択して[接続確認して保存する]をタップする

    FTPプリセットが一覧に追加されます。

    • 接続に失敗した場合は、各項目の入力内容を確認してください。接続に失敗しても、[保存]をタップすると入力内容を保存できます。

IPTCプリセットの作成について

FTPプリセットと同様に、IPTCプリセットもアルバム作成時に選べます。アルバム単位でIPTCの自動付与を行う場合は、事前にプリセットを作成することをおすすめします。

文字コードについて

使用している文字コードはUTF-8です。

FTPプリセットの作成が完了しました。FTPプリセットの編集やコピーなどを行う必要がなければ、ステップ2に進んでください(0ステップ2:アルバムを作成する)。

FTPプリセットを編集/コピー/削除する

FTPプリセットを編集する

FTPプリセット一覧画面でFTPプリセット名をタップすると、FTP接続設定画面が表示されます。

  • 任意の項目を入力して[保存]をタップすると、変更内容が保存されます。
  • をタップすると入力内容をキャンセルします。

FTPプリセットをコピーする

FTPプリセット名を左にスワイプすると表示されるサブメニューから[コピー]を選び、確認ダイアログで[OK]をタップすると、同じ設定のFTPプリセットが一覧に追加されます。

  • コピー元のFTPプリセット名が25文字以下の場合は、プリセット名の末尾に「_Copy」と追加されます。

FTPプリセットを削除する

FTPプリセット名を左にスワイプすると表示されるサブメニューから[削除]を選び、確認ダイアログで再度[削除]をタップすると、プリセットが削除されます。